トップページ ≫ フォーサイト

フォーサイトの中小企業診断士講座の特徴

フォーサイトのロゴ

フォーサイトの中小企業診断士講座の受講生の2020年度1次試験の合格率は60%で全国平均42.5%の1.41倍でした。

ここではフォーサイトの高い合格率の理由についてまとめましたので是非参考にして下さい。

捨てる部分は捨て、合格ライン越えを目指す

フォーサイトのテキスト

中小企業診断士試験の範囲は膨大で,すべての内容を丸暗記することは不可能です。

フォーサイトでは満点主義ではなく「合格ライン」越えを目指すオリジナル教材を使用します。具体的に言うと、試験で狙われる箇所を徹底的に記憶して、捨てる部分は捨てる効率重視のカリキュラムなのです。

中小企業診断士試験対策のプロが、過去の試験傾向から教材の改訂を行い、短期間でも合格できるカリキュラムを組むとともにやさしくかみ砕いた講義を実践している事がフォーサイトの高い合格率の理由の一つです。

eラーニング「ManaBun」でいつでもどこでも学習

まなぶん

フォーサイトの通信講座に申し込むとeラーニング「ManaBun」を利用できます。これはPC、スマホ、タブレットからテキストの確認や講義の受講ができ、問題演習、勉強スケジュール管理、解らないことの質問も可能です。

中小企業診断士講座の全ての講義映像やテキストが見られ、テキストを持ち歩く必要がないので手軽に勉強時間を確保できます。 忙しい社会人が資格を取るには、スキマ時間の活用が最も重要です。またゲーム感覚で挑戦できる確認テストを繰り返しやることで知識を定着させられます。

自分の生活状況を入力して学習スケジュールを作成してくれる機能もあります。進捗管理もしてくれるので、自分がどれくらい学習できているのか目視できるのでやる気にもつながります。

勉強していて解らない所があったら質問箱からメールで質問できます。独学では解らない所が出てきた場合、自分で調べたりする時間が必要ですし、結局わからないままの場合勉強を挫折する原因になりがちです。この質問できる機能が通信講座が有利なポイントではないでしょうか。

フォーサイトのサイトではeラーニング「ManaBun」の無料体験もやってますので、一度試してみてはいかがでしょうか?

フォーサイトの中小企業診断士通信講座はこちら

コース、カリキュラム、単科講座

フォーサイトの中小企業診断士講座は大きく分けると1次試験用対策のセット、2次試験も含むセット、各単科講座の3種類です。自身の現在の学習進捗によって選べます。初学者の方はセットがおすすめです。

  • バリューセット1〜年度試験対策(1次試験対策)67,980円

    1次試験合格に必要な教材のセット。 初学者から学習経験者までを対象とした試験対策としてスタンダードなセット。

  • バリューセット2 〜年度試験対策(1次・2次試験対策)82,280円

    中小企業診断士1次試験・2次試験の合格に必要な教材を一通りカバーしたセット。

  • 各単科講座10,780円

    経済学・経済政策 、中小企業経営・政策 、経営法務 、経営情報システム、財務会計、運営管理、企業経営理論、7科目のいずれか。

送料は地域別のようです。

フォーサイトの送料

フォーサイトの中小企業診断士講座の口コミや評判は調べにくい

評判、口コミを言う人達

フォーサイトに限らず通信講座の口コミや評判、実際に受講した方の感想は調べにくくなっている現状です。これは管理人の実感としてグーグルの検索の精度が上がり大手サイト、本家サイトに有利になった事から、その大手サイト、本家サイトからの広告収入を得ているサイトは「企業名 口コミ」だとか「講座名 評判」のような検索キーワードで上位表示を狙うしかなく、評判や合格体験記の捏造(真実は誰もわかりませんが)が横行しているからです。

ツイッターなどのSNSで調べても出てくるのは「社労士はフォーサイトで中小企業診断士はLECに決めた。」などの講座購入報告がほとんどです。これも合格した方は「フォーサイトを受講して合格した」とか「ユーキャンだから落ちた」などとはあまりつぶやきません。

またヤフー知恵袋や教えてgooなどの質問サイトには「TACかフォーサイトで悩んでます」などの質問に「TACで合格しましたがフォーサイトの事はわかりません」「フォーサイトで合格しましたがTACは知りません」のような回答がお決まりのパターンです。

実際に受講した方の感想や本家サイトにはない講座のダメな点なども知りたい方には困った現状です。

しかし現在のようなネットやSNSの時代においては、例えば詐欺のような講座や実際に合格率が低い講座は自然淘汰されます。簡単に言うと「すぐ炎上するから悪いことは出来ない」といった現状です。

なのでネットの情報を調べる事に多くの時間をつかったり、真意のわからない情報を鵜呑みにしたりするのは時間の無駄です。管理人のお勧めは本家サイトを読み込み比較するのと、資料請求です。

特に資料請求は手を動かす行動に繋がりやすいですし、実際に資料が届くと勉強を始める切っ掛けになるのでお勧めです。

フォーサイトの中小企業診断士通信講座はこちら